『シヴィライゼーション VI』:拡大する都市

『シヴィライゼーション VI』I の大きな柱のひとつが、“拡大する都市”です。この新たな機能により、都市はその支配下にある領域全体に広がっていきます。つまり、「区域」が(そして「遺産」が)都市中心部を取り巻くタイル1つひとつを占有するようになったのです。

“拡大する都市”が大きな意味を持つ理由は?

“拡大する都市”は『シヴィライゼーション   VI』のプレイ全体に影響を与え、プレイヤーに新たな戦略をもたらします。都市を築く場所の選定は、これまで以上に重要になります。なぜなら、利用可能なタイルは建設可能な「区域」に影響を与え、築ける「遺産」もおのずと決まってくるからです。そのためプレイヤーには、周辺環境に適応し、都市の優れた部分を見極め、プレイ全体を通じてこれまで以上に多様な都市を生み出していくことが求められます。

『シヴィライゼーション V』では、建設命令を発して建造物を築く以上のことを考える必要はなく、完成した建造物は都市画面に“詰め込まれて”いきました。しかし『シヴィライゼーション   VI』では都市がどんどん広がっていくので、都市画面が雑然とすることはもはやありません。しかしだからこそ、建設順序をよく考え、「区域」同士の隣接ボーナスや都市中心部の周辺にどのような「遺産」を築けるかを考えることが必要になります。『シヴィライゼーション   VI』に必勝パターンは存在しません。プレイヤーは自分が置かれた環境に対応しなければならず、プレイが同じ展開になることは決してないでしょう。

戦闘も“拡大する都市”システムの影響を受けます。都市は発展にともなってより広い面積を占めるようになるため、他の文明と接触することも多くなります。戦い慣れた敵は、特定のタイルを狙い撃ちし、インフラを破壊したうえで都市中心部を攻撃するかもしれません。さらに、都市の守りを固めることを最優先する受け身のプレイを得意としていたプレイヤーは、『シヴィライゼーション VI』でも同じ戦法をとろうとするなら、都市の外縁部全体を考慮しなければなりません。今や都市は中心部だけで成り立っているわけではないのです。

最後に、ビジュアル面から言うと、“拡大する都市”はゲーム画面の美しさにも大きな変化をもたらします。都市の外観はこれまで以上に多様になり、その発展の仕方もよりはっきりと目に見えるようになります。これによってプレイヤーは、自分の選択やゲームの進展をよりダイレクトに感じられるだけでなく、『シヴィライゼーション   VI』の華麗な世界にどっぷりと浸ることもできるというわけです。

++++

今回はここまで! ソーシャルメディアで『シド マイヤーズ シヴィライゼーション   VI』をフォローし、最新情報やニュースをチェックすることをどうぞお忘れなく! ご意見ご感想も大歓迎です。検索にはハッシュタグ#OneMoreTurnをお使いください。

ソーシャルメディアでのシヴィライゼーション シリーズのフォローは…

http://facebook.com/civ

http://twitter.com/civgame

http://instagram.com/civgame

http://youtube.com/civilization