『シヴィライゼーション VI 嵐の訪れ』 - スウェーデンを導くクリスティーナ

『シヴィライゼーション VI 嵐の訪れ』で、スウェーデンは文化の導き手として輝きます。17世紀の女性としては屈指の教養を誇るクリスティーナに率いられたスウェーデンは、文化や外交による勝利を狙いやすい文明です。傑作スロットを埋め、できるだけ多様な地形に都市を設立し、野外博物館を全ての都市に建設すれば、スウェーデンはライバルよりも早く成長できるでしょう。

固有施設 - 野外博物館

1都市につき1つしか建設できません。忠誠心を上昇させ、さらにスウェーデンの都市が設立された地形の種類に応じて、文化力と観光力を上昇させます。

固有建造物 - 女王の図書館

政府複合施設内の建造物として扱われ、書物、音楽、何らかの芸術を入れられる傑作スロットを2つ提供します。完成すると総督の称号が与えられます。 

固有能力 - ノーベル賞

偉人を獲得すると、スウェーデンは外交的支持をさらに得ます。また、スウェーデンには工場による大技術者ポイント、大学による大科学者ポイントが追加されます。スウェーデンがゲームに登場している場合、産業時代に世界会議の固有コンペが3つ解除されます。

固有ユニット – カロライン

ルネサンス時代の対騎兵ユニットです。槍銃兵に取ってかわり、移動力がより高く、未使用の移動力ポイントがあると戦闘力が追加されます。  

クリスティーナの固有能力 - 北方のミネルヴァ

クリスティーナが政府複合施設内の建造物、女王の図書館を建設できるようになります。さらに傑作スロットが3つ以上の建造物と2つ以上の遺産のスロットを埋めると、自動的にテーマ化されます。

--

『シヴィライゼーション VI 嵐の訪れ 』Windows PC 版は2019年2月14日に発売されます。 ハッシュタグ #あと1ターン を利用して、ソーシャルメディアでの話し合いをフォローしてください。『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』に関する最新のニュースや情報をチェックできるよう、ソーシャルメディアで『シヴィライゼーション』シリーズのフォローをお忘れなく。